コンテンツ

知育にはレゴを使おう

子供が小さい頃から知育を行うのが良いとよく耳にします。どのような教育の事を知育というのでしょうか。また、何をしたら知育になるのでしょうか。


【知育とは】

思考回路を育成する事を知育と言います。計算や国語力をつける教育ではなく、想像力や考える力を育て、生きる力を養うことです。脳の役割は24種類に分類でき、それらを刺激するような遊びをする事で脳の発達を促します。知育を行うと、頭が良くなると言われています。

考える力が伸び、勉強を効率よくできるため、自然と学校の成績も向上するのです。中でもブロック遊びは知育に良いと言われています。あらゆる可能性や自分の考えを表現できるおもちゃは想像力を育てます。レゴブロックは知育にも適しており、幼児期に活用していただきたいおもちゃです。


【知育を行う時期】

脳の発達が著しいのは幼少期です。0歳から3歳までは脳細胞が非常に活発で成長が早いです。小学校に入る6歳には頭の大きさが大人と同じくらいになります。それまでの間に脳の作りが決定してしまうそうです。そのため、小学校に入学するまでの間、特に脳の成長が著しい3歳までに知育を行う必要があります。小学校に行けば勉強は教えてもらえますから、それまでは詰め込み式の教育より、脳を刺激する教育を行いましょう。


【知育おもちゃを選ぶ時のポイント】

知育おもちゃは、種類が非常に多いです。年齢に応じて適しているおもちゃがあり、どれを選んだらいいのか悩む親がたくさんいらっしゃいます。対象年齢を参考に選ぶことも良いのですが、一番は子供が興味をもったおもちゃを与えることです。せっかく買ったおもちゃでも、子供が興味を示さなかったら意味がありません。まずは考える事が楽しいと思ってもらうことが大切です。子供が興味を持つことを率先して行い、やりたいことをさせてあげましょう。

レゴ片付け

お子さんの将来のためにも、楽しく遊びながら脳を鍛えられる知育を行ってはいかがでしょうか。レゴで遊んだ後に大変なのが、ブロックの片付けです。細かいパーツをひとつひとつボックスに入れるのは時間もかかってしまいます。弊社で販売しているレインゴーを使えば、簡単にレゴ片付けを行う事ができます。片付けの手間も省けるので、ストレスなくレゴで遊ぶことできます。


ショップからのお知らせ

8/10 レインゴーコスモ /スネークスキン廃盤につき15%セール実施中

2/1 新色入荷いたしました!

12/16にTBS「王様のブランチ」ランキン王国にてレインゴーコスモが1位商品として紹介されました。

☆★ 新着アイテム★☆

日本初上陸!
プールでのイライラ解消
パパによって発明された
画期的なゴーグル

フログルズ
ワンサイズでぴったりフィット、
髪の毛にからまず、小さな子でも自分でつけ外しが出来る
イノベーティブなスイミング・ゴーグル。

3月3日にテレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」(トレたま)にてレインゴーが紹介されました。


1月17日にNHKの「おはよう日本~まちかど情報室」にて、レインゴーが”さっとお片づけ”というテーマで紹介されました。




カレンダー
  • 今日
  • 定休日

Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

メールが届かないお客様へ

弊社では、お客様よりご注文頂きますと「注文内容ご確認(自動配信メール)」とは別に、ご注文内容確認のメールを送信しております。
ご注文内容確認のメールは通常3営業日内にご連絡を差し上げております。
もしメール連絡が届かない場合には、ご注文が届いていないか、弊社からのメールが届いていない可能性がございます。
恐れ入りますが、info@bestrada.com へメールを頂くか、お問い合わせフォームからご連絡をお願い致します。

ページトップへ