コンテンツ

子どものおもちゃ選びについて

子どものおもちゃ選びについて

子どもを育てるために欠かせないものの1つにおもちゃが挙げられます。
おもちゃは子どもが楽しむためだけのものと思っている方もいますが、おもちゃの役割はそれだけではありません。
子どもにおもちゃを与えることで、想像力や感性、知力などを育てることができるのです。
そんなおもちゃですが、選ぶ時に気をつけなければならないことがあります。
それは、発育に合ったものを選ぶということです。
発育に合ったものを与えることで、子どもはより豊かに成長してくれることでしょう。


・1歳まで

生まれたばかりの赤ちゃんは、目で動いているものを追うという特徴を持っているので、その特徴に合わせたものを選びましょう。
3ヶ月を過ぎた頃から物を握れるようになるので、握りやすいおもちゃを選んで下さい。
はいはいをするようになった頃に、ボールなどを転がすと楽しそうに追いかけます。


・1歳

この頃にはもう歩けるようになっているので、歩行器を与えると自らどんどん歩くようになります。
また、音の鳴るおもちゃを与えても良いでしょう。


・2歳

2歳になると、手の運動発達と知能の発達の関係性が強くなります。
ですから、手を良く動かすようなおもちゃで遊ばせましょう。
具体的には、積み木やクレヨンなどです。


・3歳

3歳の子どもは、会話ができるようになっているので、ままごとセットなどの会話も楽しめるおもちゃがおすすめです。


・4歳

この時期は、数字や文字に興味を持ち始める時期ですので、それらを見たり聞いたりするものを選んで下さい。
また、トランプやカルタといった複数人で遊べるおもちゃで遊ばせても良いです。


・5~6歳

この頃には、もう運動機能が十分に発達しているので、スポーツに関連したおもちゃを与えると良いでしょう。

子どものおもちゃ選びについて

1歳を過ぎたあたりから与えて欲しいおもちゃがあります。
それは、レゴです。
レゴはクリエイティブな力を育てるのに最適なおもちゃで、1歳を過ぎたあたりでしたらどの年齢にもおすすめできます。
レゴの片付け・収納には、弊社のレインゴーをご活用ください。


ショップからのお知らせ

8/10 レインゴーコスモ /スネークスキン廃盤につき15%セール実施中

2/1 新色入荷いたしました!

12/16にTBS「王様のブランチ」ランキン王国にてレインゴーコスモが1位商品として紹介されました。

☆★ 新着アイテム★☆

日本初上陸!
プールでのイライラ解消
パパによって発明された
画期的なゴーグル

フログルズ
ワンサイズでぴったりフィット、
髪の毛にからまず、小さな子でも自分でつけ外しが出来る
イノベーティブなスイミング・ゴーグル。

3月3日にテレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」(トレたま)にてレインゴーが紹介されました。


1月17日にNHKの「おはよう日本~まちかど情報室」にて、レインゴーが”さっとお片づけ”というテーマで紹介されました。




カレンダー
  • 今日
  • 定休日

Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

メールが届かないお客様へ

弊社では、お客様よりご注文頂きますと「注文内容ご確認(自動配信メール)」とは別に、ご注文内容確認のメールを送信しております。
ご注文内容確認のメールは通常3営業日内にご連絡を差し上げております。
もしメール連絡が届かない場合には、ご注文が届いていないか、弊社からのメールが届いていない可能性がございます。
恐れ入りますが、info@bestrada.com へメールを頂くか、お問い合わせフォームからご連絡をお願い致します。

ページトップへ